母行きつけの美容院からセルフカットへ

私は小さい時から、母がずっと通っているという美容院に一緒に連れて行かれて髪を切ってもらっていました。

PR|リンパマッサージは専門の学校で |

それが何年も続いたので、美容院を変えるという考えすら覚えないくらいでした。ところが、疑問に思う時が数度続き、これは変え時ではないかと思った時があります。 世間のいう美容師のイメージは、東京の専門学校でメイクなども勉強して、おしゃれで流行の最先端を行っていてというイメージで、私がその美容師さんに抱いているイメージもそうでした。

ですが、成人式の時などに感じた古さはどうしても肯定できるものではなく、おばちゃんだと美容師だとしても昭和の雰囲気というのは拭い去れないものなのか、今の流行りを学ぶことはしないのかと大変がっかりしたものでした。 いつものヘアーカットなら問題なく、慣れた美容院ということで良かったのですが、これは私が一つの美容院に縛られなくても良いのだとわかった瞬間でした。その美容師さんはポジティブで明るい人で、悪気がないことはわかっていますが、私は美容院を買えることにしました。

安いところを回りましたが、実は今、全てセルフカットという形で落ち着いています。これは別に美容院が嫌になったというわけではなくて、私が背中や頭のあたりで音や声がするとびくっと身体を動かしてしまう癖があるからです。危ないですし相手に気を遣わせますし、初めての美容師さんだとびっくりするかなと思ってある時からやってみることにしました。失敗しても結べばわからないという、およそ乙女とは思えない思想でがっつりチャレンジし、今ではまあまあ上手になりました。

本当ならプロの腕を持つ美容師さんに思いっきりおしゃれにしてもらいたいなあとか、シャンプーの時の至福の時間にびくっとしないで浸りたいなあと思うのですが、いつかできますかね。初対面の人が苦手なわけではないですし、話をする人でも楽しいのでいつか今時らしい髪型やスタイルを提供してくれる気の合った美容師さんに巡り会いたいなあと思います。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|ダイエットチャレンジ100日|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|AGAでお悩み解決|マーケティング経営研究.net|