ヘアメイクの仕事したいけど資格が必要?

なりたい職業としても人気のヘアメイクアップアーティストですが資格は必要です。



まず国家試験である美容師の試験に合格する必要があります。美容師の資格を取るためには専門知識が必要となります。そのために大学や短期大学、専門学校で学ぶことができます。通信講座という手段もありますが大学、短期大学、専門学校に行く方が早道、その後の就職の事を考えると得策と言えます。最近では高校に通いながら専門学校に行き受験、高校卒業後には即戦力となって働くという方も多いようです。独立を考えているなら美容室で3年の経験を積んだのち都道府県で実施される講習を受け管理美容師の資格を取る必要があります。本人が資格がなくても管理美容師の資格を持つ従業員を雇うことで解決しますが本人が持つのが一番良いでしょう。



また美容師以外の資格もあれば箔が付きます。例えば一般社団法人が主催するメイクアップ技術検定や国際的な団体であるIBFが認定するIBF国際メイクアップアーティスト認定試験などです。



メイクアップアーティストは資格があれば十分ではなく、いろんなコンテストで賞を頂く事でもステップアップできます。いばらの道とは言いませんが常に努力が求められる仕事です。